キャンベルハムスターとライオンラビットの飼育日記、あれこれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美味しい顔(^^)w

ゴルの頬袋の吸引力は素晴らしい。
まふぃん。

っていうか、どこまで入るんだぁ~~っ!?

身体の大きい分、ノーミソの大きい分?賢いのかしら??
オヤツやご飯を貰うとすぐに食べないときは、えさ皿にわざわざ入れに行ったりする。
キャンに比べると、たんぱく質(煮干とかタラカマとか)はあんまり好まないような気がする。
くまくー。

同じハムスターでも、シリアの砂漠モンゴルの草原と場所が離れている
地域特性で特徴化された性質や食餌の好みとかあるのでしょうね。
吹雪。

もっとも、ゴルとドワーフでは 「ハムスター」と種類の表記は同じになるけど
身体の大きさもそうだけど、いろんな事が違うなぁ~~と感じます。
しふぉん。


今日は、もやしを皆にあげてみました。
ハムが好きらしいとは知っていたんだけど、初めてあげてみました。
結果、好評のようです。
美味しそうな顔で食べてくれると嬉しくなります。

「君にはもうあげたでしょ? 貰ってませんって…そんな顔してもダメです。」
そんなハムちゅに弱いのですよねカイヌチは・・・
スポンサーサイト

儀式。

我が家ではハムのお見合い(結婚)の前に、しなくてはならない「儀式」があります。
それは尿糖検査
「ハムに、おしっこに糖が出ているか検査?」って、不思議に思われる方も居るかもしれませんが
キャンベルには残念ながら糖尿になる子が稀に居ます。
DSC09573.jpg

なので、花嫁花婿には結婚の前に
一瞬で色が変わり、濃い緑色になるようだったら残念ながらその子は繁殖からは外します。
+位までだったら、食べ物やストレスなどで変化することもありえますので
時間を置いて、何回か尿等の変化を見る事になります。
DSC09581.jpg

ハムにも糖尿があるんです。
でも、ハムは身体が小さいから、投薬やインシュリンの投与などは非情に難しいというか
獣医さんでも処方している方は少ないじゃないかなぁ?

人間にも隠れ糖尿(境界型)があるように、尿糖が出ないからといって糖尿じゃない
という保障は無いのですが、目安にはなります。
血液検査のほうが正確ですが、ハムから検査に必要な血液を取るのは難しいので。
症状としては「多飲多尿」 おしっこが甘酸っぱく臭う事もあります。
先天性(Ⅰ型)もありますが、後天性(Ⅱ型)もあります、こんなところは人間の糖尿と同じです。
そして、残念ながら子ハムに遺伝しやすいようです。
なので、お見合いの前の重要な儀式になりますね~~。

ハムは飼い主が全てを管理、コントロールする事になります。
飼い主が子供を生ませようと思わなければ、子ハムは生まれません。
管理することによって、子ハムに病気になる子を減らせるのであれば
糖尿の危険性は避けることが出来る・・・なので繁殖させないという事になりますね。

同じ事で、不正咬合や腫瘍がたくさん出た家系の子を、繁殖ラインから外す決断も必要だと思います。
どんなに可愛い子でも、危険性が分かっているのであれば繁殖させない。
DSC09586.jpg


今日検査したのは、カンナとエバンジェ。
-同士だったので、相性が良ければ近いうちに結婚することになるでしょう。

美ハム化。

22日の日記で美白化が進んだと書いた、ルピシア姉とちゃいだー弟。
単独で見ているとただ単に「白くなったわね~~っ!」なんですが
左イエロープラチナちゃいだー、右アルビノあいす。
ジャンハムの別名「ウインター・ホワイト」
この名のとおり、期間限定で、冬に白くなり春になると元の色に戻ります。
雷鳥みたいに,冬山(雪山)の保護色なんでしょうかねぇ~?
しかも全員が白くなるわけじゃなく、一年目は白くなっても二年目は白くならないらしい。

アルビノのあいす君。

キャンの場合は、一度白くなると元に戻らない。
大まかに言うと「歳を取ると白くなる」「毛色を白くする、薄くする遺伝子がある」って事なんだけど
キャンを知らない人には不思議な毛色の変化だったみたい。
イエロープラチナのちゃいだー。

ハムの毛色がたとえば「パープル」って書いてあるのに、写真はアルビノ??だったり
ハム友さんと話していたら、どうやら不思議だった様だ。
左ちゃいだー弟、右ルピシア姉。

ルピシアちゃいだーのパパは、イエローサテンプラチナだったんだけど
コタローと一昨年の12月に来たときは(生後8~6ヶ月?)すでに、イエローの面影は無く
ほとんど白色化(うっすら煉乳色が・・・)だったので
多分、子供たちも白くなる子も居るんだろうなぁ~~と思っていましたが、改めて見てみると『白い』σ(^◇^;)
手前ルピシア、奥ちゃいだー。

同じ兄弟でも黄色いままの子も居ますので、たまたま我が家に残留した子が白くなっただけなんですが
ホント、不思議~。
新人。アルビノ、ビーノちゃん・・・だったんだけどσ(^◇^;)

さて、金曜日に新しい子パープル、エヴァンジェ君のレンタルお嫁さんということで
mariちゃんがアルビノの女の子、ビーノちゃんを連れてきてくれました。
ショップ出身なので、何の毛色を持っているかは未知数なのですが
新しい血を入れなくては繁殖を続ける事は難しくなります。
なので「いらっしゃいませ!ビーノちゃん♪」だったのですが・・・・・
ボク、ビーノ君でちゅ♪

mariちゃんの「うちの子カワイイでしょーーーッ!!」という、眼差しの中
ビーノちゃんを手に乗せて「たくさん、カワイイ子を産んでねーー!!」と。。。





「ん!?」
「なに?なに!?」


一瞬で、お嫁さんじゃなくお婿さんのお迎えとなりました(´A`;)

「ははは! まっ、いいか? まちゅとカンナがお嫁さん候補だね♪

アルビノ♀って表示されていたから,疑わなかったmariちゃん。

一番可哀想なのは、もうすぐお嫁さんが来るよ~~♪って言われてきた
エヴァンジェだろうなぁ。。。

らぷたん、ぱぷち同居開始。

らぷたん

らぷたんと、ぱぷちの同居を一昨日から始めました。
ぱぷち

一週間ほど前に、一晩だけ同居させましたが妊娠の兆候が見えず再同居となりました。
まだ、発情日には当たってないようですが、少しチーチー言うものの
取っ組み合いのケンカにはならないようなので、
いつでも仲裁出来るように要観察では有りますけど同居させてます。
らぷたんとぱぷち

無事に子ハムに恵まれると良いのですけどね・・・
こればかりは、ハムの神様のご機嫌次第です。
らぷたん&ぱぷち

画像をアップで見ると・・・ぱぷちの爪がのびてますぅ~~σ(^◇^;)
この後、爪を切られたのはモチロンです。

こうやって、二匹並べてみると毛色の違いが良く分かるなぁ。。。
赤目ライラックとパープル(ダブ)…はたしてどんな子ハムちゃんが生まれてくれるのかな~~。
楽しみです。

ビフォー・アフター。

近所の美味しいケーキ屋さん。
年末に、マサヒロとビバ旦那がその前を通りかかったら「閉店してた~~。」と。
そんなにしょっちゅう買いに行くわけじゃないんだけど、
閉店するなら食べたかったケーキとかあったのに。
そう思うと、非情に悔しい(爆)
天使のおやつ

でも、実際は閉店じゃなくて,改装していただけ・・・でした。
くまくー 白と黒の食べ物ってなにかあったかなぁ?

で、昨日、お友達に何か~~というのでちょこっとよって見ました。
まふぃん  

プリンに、チーズケーキにムースです。
しふぉん  コゲ具合が美味しそうだ?

入れ物がカワイイ(*´∀`)
吹雪  ボクは食べられないでちゅよ?

入れ物が欲しくなった・・・? もちろん、中身も美味しい。
で、食べ終わった後は・・・お約束かしら??


ゴルず。の体重が順調に増えて?います。
くまくー 114グラム。先週と変わらず。
吹雪   114グラム。ちょっと減った?頬袋の分の誤差かしら?
まふぃん ・・・・・・・・121グラム。男の子を抜いた。
しふぉん 128グラム。。。将来が楽しみ、いや、心配?

確かゴルって全体的に女の子の方が大柄なんだっけ??
パソコンデスクの側にいるし、リアクションが大きいし…愛嬌もあるのでおやつはゲットしやすい??

美白化。

ミヤギとペコーの娘ルピシアと、息子チャイダーの白色かが進んでおります。
きいろつんでちゅ♪

二人のおばあちゃんのウルマちゃん。ニックネームはきいろつん。
由来は「黄色いから!」と、影殿。
ペコママもおばあちゃんと同じく黄色いままなのよね。
(さすがに最近は年齢のせいか全体的に色味が薄くなってきました)
この花は食べられ無いでち!

ルピシアお姉ちゃんも、若いころ(失礼?)はっもっと色がはっきりしていたんだけどねぇ。
こちらは経年変化で?シルバリングで白くなってきたよう。
プラチナくん。

チャイダーの場合はプラチナ持ちなので、成長と共に全体的に色が抜けてきました。
パパのミヤギ君の遺伝なんだよね~~。
パパは、最終的には真っ白、白で偽アルビノ化してしまいました。
もしかしたらチャイダーも??
同腹のリンさまんちのピコちゃんは、黄色いまま。同じ兄弟でも不思議、面白い。
ルピおねえちゃん。

この画像ではよく分からないけど、背中の部分だけが白くなってきたルピ。
ちゃいだー弟。

なんか、子供の頃の面影も無い?チャイダー。
煉乳色?ティーオレ色。この後どこまで白くなるのやら。。。

なごみキャラ?

くまくーが小屋の窓から、鼻を覗かせていた。
うぷぷ。
くまくーの鼻

ゴルの長毛の男の子ゆえ、段々毛が伸びてきてゴミが絡まってしまう。
くまくーはこれから、もっと伸びるのだろうけど、お尻と両脇の臭腺の所だけが長い。
吹雪だと全体的に・・・なので、よれよれに見えちゃう。
ゴミも余計に絡まるしねぇ・・・
ゴミつき。。。

ほら、綺麗になったでしょ?
でも、迷惑そうな顔される。。。
ほら綺麗になったでしょ。

嫌だったらしく、珍しく手の上から跳んで逃げた。
オヤツあげたんだから、逃げるなよーーーσ(^◇^;)

タカラヅカに行こう!

14日に、まうまう姉とタカラヅカに行ってきました。
星組公演「エル・アルコンー鷹ー」「レビュー・オルキスー蘭の星」でございます。
DSC02038.jpg

原作は青池保子さんのマンガ「エル・アルコン」と「七つの海、七つの空」
二つの作品から作り上げられた、一つの物語になります。

スペイン生まれでありながらイギリスの海軍士官であったジェラードという男が
二人の少年に語ります。
『…君の野望のままに生きてごらん。君にはそれができるはず。』
DSC02047.jpg

一人はティリアン。スペイン貴族の血を引くイギリス貴族の子息。
ジェラードは母親の従弟。
ジェラードの語る海にあこがれ、無敵艦隊の提督になり七つの海を征服することを夢見ます。

もう一人は、プリマスの裕福な商人の息子、レッド。
オクスフォードに学び、法律家を目指します。

そんな、普通なら交わらなかったかもしれないティリアンとレッド。
ジェラードは実はスペインのスパイで発覚し逃亡します。。。
DSC02051.jpg

実はティリアンはジェラードと母親の子供で・・・っていうあたりからお話は変化していきます。
ジェラードの逃亡をきっかけに,出自を父親から疑われていたティリアン。
「私の道を遮る者は、何者であろうと許さない。」
父親を害し、友人を落としいれ婚約者を奪い、レッドの父親を裏切り者として処刑する・・・
そして、自分の野望にだんだん階段を登って近づいて行く。。。

一方、レッドは海賊となり海軍士官のティリアンを復習のため追いかけてゆきます。

時は、エリザベス一世の時代。
スペインとイギリスの海の覇権をかけて戦いが始まっていくのです。
DSC02058.jpg

う~ん、予習していった方が良かったかな?
雑誌に連載されていた頃に読んだ記憶があるのですが、もう忘れててσ(^◇^;)
でも、予習無しでもストーリーが分かりやすく
幕が上がるとすぐに歌い踊る! すぐに引き込まれてしまいました~~。

ティリアンとレッド。フランスの女海賊。友人の婚約者であった令嬢。
海賊にあこがれる貴族の娘。
色んな糸がからまって、行くのです。

5回は無理でも、3回は後観にいきたいなぁ。
うん、良い作品でした。

レビューの方も,タンゴのリズムに色気が有って,洗練されてて素晴らしかったです。
いやん、よかったぁ~~~!

ちょっと気になったのは「エル・・」のフラメンコのシーンと
「レビュー…」のタンゴの足捌きがイマイチだったかなぁ~?
専門のダンサーでなく、フラメンコやタンゴのショーでもないから仕方ないかなぁ??
去年、友人のフラメンコの発表会に行って生でフラメンコ見ちゃったから気になっちゃって。。。

でもでも、とっても素晴らしい作品でした。
ほんと、もう一回は観にいこうかなぁ。
DSC02055.jpg

タカラヅカの後は、ビバ旦那と待ち合わせて神田でウナギ。
まうまう姉と三人でうまうまでした。

水郷・佐原

お天気は、まあまあ良かったんだけど、とっても寒い一日でした。
気温が低いのもあるのだけれど、風が強かったぁ~~~。
DSC01901.jpg

水郷・佐原まで、車で一時間ちょっと。
隣の県だと思うと遠い気がしていたのですが
成田までが一時間だから、そんなには遠く無かったです。
DSC01906.jpg

去年、小江戸・川越に~~。古い町並みを堪能してまいりましたが
佐原も小江戸と称されている町なんだそうです。
掘割、運河沿いに古い民家や倉があり
伊能忠敬の生家や近くには香取神宮もあり、ちょっとした観光地のようです。
旅行会社の旗を先頭にゾロゾロ歩いている人もたくさん居ました。
黒蕎麦。

お昼は有名なお蕎麦屋さんへ。
昆布を練りこんだ真っ黒いお蕎麦が有名です。
昆布独特のまろやかさが美味しかったです。
でも、10度無い気温の中風が強くて(´A`;)30分以上並んでいたのは寒かった。。。
DSC01969.jpg

ビバ旦那がTVの旅番組だかを見て「水郷に行こう、小江戸だから!」って。
検索して、大体のところは調べてきたのであんまり迷わずに見られましたよん。
旧三菱銀行

お蕎麦を食べた後、水郷めぐりの船に乗りました。
長いコースと短いコースがあって、利根川のほうまで行くのが有るようなのですが
今日は強風のため、掘割、運河のほうだけの運行でした。
屋根の無い小船~~~コタツ付(*´∀`)
イタリアン・レストランでした。

夏と秋のお祭りには山車がたくさん出て、人出もすごいらしい。
伊能忠敬の記念館と水郷佐原山車会館を見学。
国から助成金も出ていて、町並み保全に取り組んでいるそうです。
無粋な電柱などもだんだんには埋設されて、綺麗になっていくらしい。
船着場とジャージャー橋。

川越に比べると町並み保全地区は小さいし、思ったより古民家や倉も少ない気がするのでしたが
水郷めぐりの船のガイドさんは親切で、詳しく説明してくれたので良かったなと思います。
夏の祭りより、秋の方が山車がたくさん出て素晴らしいそうなので
また行きたいな…って思わせてくれた土地でした。

ゴルは豪快?

昨年末にゴルをお迎えして~~~。
吹雪くまくーしふぉんまふぃんの4匹はみんな大きくなりました。
しふぉん

40gから50g弱でお迎えしたんだけど皆そろって100gオーバー。
う~~ん、デカイ。
DSC09247.jpg

キャンの一番小柄な、らぷたんが40g。
大きい、ちゃいだーでも60gちょいだから、なんとゴルハムの大きい事よ。
まふぃん

元親のマロンさんに「どのくらいまで大きくなるの?」って聞いたら
「160くらいかな」ってσ(^◇^;)
巨大化したら、さらに1・5倍ですかい(´A`;)
DSC09260.jpg

DSC09258.jpg

以前に飼っていたゴルの女の子、ハルキゲニアちゃんは150ぐらいだったけど
良く、モルモットに間違われていた。
長毛だったから余計に大きく見えたんだけど、片手じゃ足りなくて両手でいっぱいでした。
吹雪

子ハムだったゴルずも、無事に?発情がきてラブコールをするようになりました。
DSC09240.jpg

(繁殖の予定は、覚悟はまだ無いですが・・・)
くまくー

子ハムを見られたら、楽しいだろうなぁ(想像です、あくまでも想像だけぇ~~!)
ミニ・タラコ。。。

しつれいしましたーーーm(__)m

今年は・・・

昨年の前半は、三匹の女の子が合計5回手術すると言うかなりハードな一面がありました。
後半は幸いなことに手術する子は居ませんでしたが、それでも、少なからずお別れがありました。
ただ今キャンベル14匹。ゴルず4匹の、合計18匹になっております。
るぴしあ
一時、自分が手術する前などは最大で38匹いましたので現在はかなり控えめです。
繁殖もそれにつれて控えめになってきました。
やはり、カイヌシも元気じゃないとハムの飼育も繁殖も専念することが難しくなってきたと言うか・・・
ぺこー

今年の前半の繁殖予定は、二月になってかららぷたんにもう一回頑張ってもらおうか。。。
それとも、まちゅとカンナに・・・
お婿さん候補は、昨年末にぬまやんさんからお迎えしたエヴァンジェ君。
大元をたどると、遠いハム親戚さんになるので(^^)もし、子孫を残せたら嬉しいなぁ。
それと、そにっくさんからの里子のぱぷち君。(あいす君の甥っ子)かな?
サブレ君は停留睾丸なので、可能性は低いのですよね。。。

まぁ、カイヌシの体調とハムずのご機嫌次第で(恋ココロがうまれるか?)
ウニウニに恵まれたらウレシイなぁ。
ぱぷち

今年は堂々と

年賀状は毎年、ハム画像です。
でも、今年は12年に一度、誰にも遠慮なくハム画像。
DSC08870.jpg

なんたって、ねずみ年(子年)ですもんね~~~!

と言うわけで、遅ればせながら「明けましてオメデトウございます」
なにせ、年明けてから年末の記事書いてるくらいだから・・・σ(^◇^;)

生協のカタログで鏡餅を購入しました!
なんと、ネズミさんがお飾りになっているのです。

でも・・・近所のスーパーに行ったら同じのが売っていた(安かった)
それに、招き猫のも有った(*´∀`)
可愛かったけど、そんなに御餅ばかりいらないしね~~。
DSC08834.jpg

年末、遊びほうけて?いましたので
ようやく大晦日に撮影して、年賀状印刷。
一日に郵便局へ・・・毎年の事ながら、新年にならないと年賀状を出さない人なので。
DSC08874.jpg

ハムズは新年も何も関係なく、ご飯を食べて回し車回して寝てばっかり。。。
ゴルの女の子が二匹名無しだったので、命名。
シナモンちゃん。まふぃん
ノーマルちゃん。しふぉん
二匹ともにお菓子になりました、だって美味しそうに見えるんですもん。
DSC08895.jpg

年賀状のモデルさんは、むーたんと星音
それと、年賀状には使いませんでしたが、くまくーまふぃんでも撮ってみました。
今年も色んなことがあるんだろうなぁ~~。
お別れがあるかもしれないし、新しい出会いも
新しい命の誕生もあるのかもしれません。
「うちの子で幸せだったかい?」その答えを求めて・・・
精一杯のお世話をするからねぇ~~。

スパに行こう!

19日、21日22日とお出かけして~~~
で、その後は疲れて沈没σ(^◇^;)

もっとも「行こう、行こう湯の国へ♪」と言うわけで(どんな訳?)
ハワイアンズに29日に行ってきました。
大掃除もしないで、年賀状も作らないで。。。なのでした。
DSC01561.jpg

映画「フラ・ガール」で一躍有名になった感じのハワイアンズですが
常磐ハワイアンセンター時代から何回かは行った事が有るのですが
久々~~に行ってきました、長男が赤ちゃんの頃に行ったきりかなぁ?

お天気も雨であんまり良くは無かったのですが
屋内施設のプールと温泉なので、冬休みもあり家族連れで賑わっていました。
流れるプールでドンブラコ流れてみたり
屋外の温水プールのジャグジーでブボボっと水流にもまれてみたり・・・
露天風呂に浸かってみたりと、手のひらの指紋もふやけるほど水に浸かってきました。
DSC01602.jpg

一時半からのフラダンスショーをみて、バイキングでお昼を食べて
さらに、プールに露天風呂に・・・
4時からのフラメンコショーは見なかったんだけど
8時からのフラ・ショーをさらに見てきました。
DSC01735.jpg

昼間のショーも良かったんだけど、夜のほうが迫力があるし
ソロの人のダンスは「フラ・ガール」で蒼井優(だっけ?)さんが
エンデェングに踊っていた演目と同じかなぁ。。。
DSC01698.jpg

マオリ族の出陣の踊り、ラグビーのオール・ブラックスのあれと同じのとか迫力満点でした。
フラダンスだと「アロハオエ~~♪」と緩やかな感じなんだけど
ポリネシアン・ダンスになるとかなりリズミカルでメリハリ利いてすごい(*´∀`)
ファイヤー・ダンスも、昼と夜じゃ、断然夜の部のほうがスゴイ!
ゆっくりプールと温泉に浸かりつつ、ショーの開幕を待つのが良いですね。
でも、ディズニーランドと同じで場所取りが大変。
DSC01808.jpg

夜の部が終わり、帰ろうとしたらファイヤー・ダンスの殿方が記念撮影に応じてくれていて
「熱くないのぉ?」というどこかの子供の質問に
「焼肉の味がする」と。。。
クライマックスには素足の裏で炎のバトンを持ち上げたりとか
炎を口に含んでみたりとかしていたものね~~~。
DSC01786.jpg

子供の頃にもフラダンス・ショー見た記憶があるんだけど
興味が無かったと言うか・・・あんまり感激した覚えが無いのよね。
でも、今回はすごく良かったと思う。

この前、友人のフラメンコの発表会に行ったとき
先生の踊りもあったんだけど、同じ雰囲気がする。。。
何事にもストイックに物事を極めていると言うか
鍛錬しているなぁ・・・・って。

また、温泉に浸かってフラダンス。
行ってみたいな「湯の国」へ(*´∀`)
その前に、14日にタカラヅカなのだよね。

さぼってしまった・・・σ(^◇^;)

・・・最後の日記が21日で
それも、19日のティンクのライブの話しだもんなぁ。。。
さぼりすぎでしょうねぇ。

21日、22日の一泊で甲府にまた行ってきました。
今回は、まうまう姉も含めての三人で(ビバ旦那とワタシ)
DSC01507.jpg

前回、ビバ旦那と二人で昇仙峡に。
まだ、紅葉の季節には早く・・・でも、ロープウェイで山頂まで登ってきたしなのですが
今回は、紅葉の季節には遅すぎ、着いたのも夕方になってしまい
人影は無いし、お土産やさんの店員さんも暇そう。
親切に色んなことを説明してくれて(でも、しつこくない)
幸運を呼ぶと言う紅水晶(二億円σ(^◇^;) 触らせてもらったり
ガイドブック無料でいただいたり・・・ラッキー(^^)b
仙我滝のお土産やさんでトルマリンの原石とか買い込んできました。
お風呂に入れる予定(*´∀`)
あと、ロープウェイの乗り口にあるガラス屋さんで、小物入れを購入。
すべてオリジナルで、このガラス屋さんで手作りなんですって。
滝つぼまで下りていって、あちこち見て歩きました。
DSC01509.jpg

一年前、富士山方面に三人で行って以来、一年ぶりの山梨
まうまう姉は、山梨は他に行った事が無いので、どこに行くのも初体験で幸せそう。

B&Bのホテルなんですけど、天然温泉の露天風呂もあり
電極を仕込んだ「しびれ湯」がお気に入りです。
入ると、体の調子が良いのよねぇ。

翌朝、朝ごはん前にまたお風呂に入って(しびれてくる)
それから、つつじヶ丘の館跡にある武田神社にお参りし、三条婦人の墓所と信玄公の火葬跡墓所に。
信玄公の菩提寺、恵林寺に。
信長に攻められたとき国師が「心頭滅却すれば火もまた涼し・・・」と火生した所。
さらに、甲斐善光寺。
本堂など素晴らしい建物~~♪を見ただけで満足しちゃったんですが
家に帰ってきてからTVを視たら、全国で一番の鳴き竜があった模様。
残念~~また今度なのでした。
DSC01522.jpg

その後「ほったらかしの湯」に。
標高700メートル。天気がよければ富士山や大菩薩峠の絶景が見えるそうですが
今回は天気予報が「雪」でしたので、一面の雲海みたいな感じで見えませんでした。
甲府盆地事態の標高が高いせいか、あんまり高度が有るような感じはしませんでした。
源泉を掘り当てた後、資金面で・・・で、露天風呂だけになってしまったらしい。
ビバ旦那は「こっちの湯」に、まうまうと二人で「あっちの湯」に入りました。
ほんと、開放感抜群ですσ(^◇^;)
二本目の源泉を掘り当てて「そっちの湯」を建設中だそうです。
「こっち」と「あっち」と「そっち」の三つを制覇するためにはまた行かなくちゃ♪
中腹のフルーツランドにも立ち寄りましたが、やはり季節外れなので人影は無い。
獣医さんへのお土産に「月の雫」と新バージョン?求肥でくるんだ生の葡萄のお餅を購入
試食させてもらったら不思議な感じの食感で美味しかったです。
DSC01531.jpg

お昼は甲府市内に戻りラーメン屋さんで、モツ焼き付のラーメン定食。
甲府ってモツ焼きが名物なのかなぁ~?
色んな所で、モツ焼きが出てくるの。

雪の予報もあり、ワイナリーにでも寄って帰ろうかという話になったんだけど
曲がり角ひとつ間違えて「桔梗屋」の工場でアウトレットにたどり着く。
多少、割れちゃったお煎餅とか、包装が破れたお菓子とかが半額でした。
ここも、次回にまた来なくちゃ♪なのでした。
メルシャンのワイナリーも季節外れで、工場見学できないのよね。
ココはワインの試飲のみでした。
何だかんだと帰り着いたのが9時。
雪にはならなかったのだけれど、結構雨が降ってしまって…景色はコレもまた次回に期待(*´∀`)
FC2カウンター
プロフィール

おけい

Author:おけい
我が家の家族、キャンベルハムスター&ライオンラビットとミドリフグ(^^)b
生き物は「うれしい、楽しい、可愛い!!」
せっかく巡り合った可愛い子なのだから
出来る限りの事はしようじゃないの。

海外は南国が好き。特にタイ。
宝塚も好きなおよぉ。
なので、ハムだけじゃなく時々脱線、放浪~?


※このブログは、リンクフリーです。
※このブログの文章、画像その他は持ち出し禁止です。
※その他、詳しくは管理人までお問い合わせくださいませ。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
たまちゃんカップ時計
月別アーカイブ
最近のトラックバック
Lc.ぐるぐる追いタイトル
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。